グラマラスライン形成


グラマラスライン形成
 

グラマラスライン形成

グラマラスライン形成とは、下まぶたのラインを下げて、目を大きくする施術です。
下まぶたの中央部から目尻にかけて、下げる幅を調整することで、目を大きくしたり、タレ目にしたり、ご希望に合わせてデザインし、理想のグラマラスラインを形成することができます。
また、つり目を改善して優しい印象の目にすることや、涙袋を美しくに強調することが出来ます。


グラマラスライン形成

グラマラスライン形成の方法

グラマラスライン形成には、外側の皮膚を切開する方法、まぶたの裏側から切開する方法があります。
ご希望のラインやカーブ、下まぶた(まつ毛)の状態を確認して、最適な方法をご提案いたします。

まぶたの裏側からの処置
下まぶたの裏側を切開して、目の下の筋肉(眼輪筋)に下まぶたの組織を縫合します。
施術中に一度、麻酔を覚ましてラインの確認をしていただき、ご希望に応じて調整します。
確認後、切開した部分を縫合します。

グラマラスライン形成


外側からの処置
デザイン通りに目の下の皮膚を切り取ります。
目の下の筋肉(眼輪筋)に下まぶたの組織を縫合します。
施術中に一度、麻酔を覚ましてラインの確認をしていただき、ご希望に応じて調整します。
確認後、切開した部分を縫合します。

グラマラスライン形成

施術後

施術後は腫れがあるので、少し下に開きすぎた状態になりますが、1週間ほどで腫れが引くとデザインした状態に戻ってきて、その後2~3ヵ月で落ち着きます。


症例写真


Case:1

グラマラスライン
治療前


グラマラスライン
治療後 1週間


グラマラスライン
治療後 2週間


グラマラスライン
治療後 2ヶ月経過


グラマラスライン
治療後 3ヶ月経過


グラマラスライン形成と二重の修正 二重のラインを1本にまとめてまぶたの開きを良くしました。
グラマラスラインは、約1週間経過後でまだ腫れが残っていますが、施術直後の下がりすぎた印象は改善しています。
約3ヵ月経過後は、目の開きも良くなり、自然で大きな瞳になりました。



Case:2

グラマラスライン グラマラスライン

グラマラスライン グラマラスライン
 
グラマラスライン

グラマラスライン

グラマラスライン形成 目尻側を下げて、タレ目になりました。
施術後、約1週間の抜糸時なので、この状態から2~3ヵ月で僅かに戻りが出ます。
白目が大きく見えるようになり、涙袋が強調されました。



Case:3

グラマラスライン グラマラスライン
グラマラスライン グラマラスライン


グラマラスライン
グラマラスライン


グラマラスライン形成 約1週間経過、抜糸直後です。
まだ少し腫れがありますが、経過とともに綺麗に涙袋が出てきます。
少し戻りが出ますが、十分に大きな瞳になって、優しい印象になりました。


Case:4
グラマラスライン グラマラスライン


グラマラスライン グラマラスライン


グラマラスライン
グラマラスライン

グラマラスライン形成と目の下のたるみ取り 約1週間経過、目の下のたるみ、クマが改善しました。
グラマラスラインを整え、涙袋が強調されました。少し腫れが残っていますが、経過とともに改善します。