脂肪吸引後のヒップアップ Q&A

投稿日:2017/05/17 未分類

脂肪吸引をお受けになる方に知っておいて頂きたい事象。

脂肪吸引は脂肪を抜き取ります、、

 

皮膚や筋肉などは想定上、術前後で不変です。

つまり、脂肪という中身を抜けば、

皮膚がたるみやすくなるということになります。

 

風船でいうと、中の空気を抜くと、ゴムが伸びてしまう状況になります。

 

脂肪吸引で大量に脂肪を取り除くと、

例えばお尻などの脂肪や太ももの後ろ外側の脂肪を

取れば取るほどたるむということになります。

 

 

Question

 友達が脂肪吸引で有名なクリニックでベイザー脂肪吸引を受けて、細くなったのはいいのですが、たるみで後ろから見た姿がだらしなくなったと悔やんでいます。先生のところでは何か解決策はありませんか?

 

よく聞く大量脂肪吸引後のたるみ症状ですね。

凸凹症状や皮膚の色感の悪さと並んで、脂肪吸引後の悩みになっている方は

いらっしゃいますよ。

 

Answer

 当クリニックでのウルトラZ脂肪吸引も大量に脂肪を取り除くため、取れば取るほどたるみやすくなってしまいます。特にお尻の脂肪吸引はもちろん、太ももの外側の脂肪を取るだけでたるんでしまうことがあります。

お尻の後ろの横臀溝というお尻と太ももの境目がたるんで下がってしまい、おばあさんのような後ろ姿になっただなんて残念過ぎますね。なので、大量に脂肪をお取りになるケースではみなさんお尻の上部に脂肪を注入することがほとんどです。実際にお尻のアップが期待できて、横臀溝も短くなり、脚も長く見えるようになります。ヒップアップ脂肪注入のポイントは皮下だけでなく、筋肉の下にも注入する多層注入法です。生着率も上がります。

 

症例写真をご覧いただきます。

 

↓

術後1週間

 

まだ腫れや内出血が残る時期ですが、横臀溝は短くなり、ヒップアップして

います。脚も長く見えます。細くなるだけでなく、バランスの良い後ろ姿に

なります。

今回の方は以前に脂肪吸引の既往があり、ウルトラZでしっかりと

超音波で脂肪を溶かしてから吸引しています。

 

脂肪吸引してもたるまない技術とは

バランスの取れた脂肪注入でした。

×
menu