漏斗胸のかたの豊胸治療。脂肪注入治療です。

投稿日:2017/11/10 お知らせ
中央区銀座2丁目の美容外科。銀座国際美容外科です。
 
この方は生まれつきの胸郭の変形があり、胸骨の中央から右に掛けて、凹みがある方です。
どうしても右の乳房の低形成があり、
今回はその不足したボリュームを脂肪注入で
補うという治療です。
 
e0222116_14384524.jpg
e0222116_14393830.jpg
1ヶ月後の経過なので、まだ右の乳房は定着したとは言えません。
ただ、しこりなどの愁訴もなく、経過良好です。
e0222116_14390866.jpg
e0222116_14395064.jpg
左よりも大きく見えています。
実際は左より少し小さくなることがほとんどです。
e0222116_14383953.jpg
e0222116_14391502.jpg
ご覧のようにまだ右の乳房のほうが大きく見えます。
定着は半年くらいの経過をみて、判断します。
その間は何かしこりなどの問題がないことを祈るばかりですが、、
いわゆる遠心分離した脂肪細胞と幹細胞を多い状態で入れていますので、
不良なしこり形成などを起こしにくいと思います。
e0222116_14415146.jpg
e0222116_14420873.jpg
あとは脂肪採取をした部位の引き締めをしっかりと
心掛けていただきます。
綺麗なお胸に長く細くなった太もも。
美しくなっていただき、私も嬉しく思います
×
menu