脂肪注入による豊胸の経過 

投稿日:2017/11/10 お知らせ

 


本日の症例は「女性の悩み」、、お産の後の胸の下垂を脂肪の注入治療で改善させた1例です。

脂肪の注入は乳房の下などでは目立ってしまうことがございますため、脇に近いところに針を刺して脂肪の注入を行っております。



e0222116_16542677.jpg

術前です。

e0222116_16525710.jpg

手術の後、1ヵ月半ほど。

大きさもさることながら、乳房の上の辺りの膨らみが出て、張り感のある素晴らしい胸に仕上がっています。

e0222116_16531297.jpg

術前です。

e0222116_16534517.jpg

手術後。

もちろん、希望に応じて胸の大きさは加減できるわけですが、あまり欲張りすぎると大きくなりすぎて、血流とのミスマッチで脂肪が栄養をもらえないとしこりなどのリスクを生むことがございます。

もちろん、脂肪細胞が十分にそこで生き延びるために細胞成長因子などを用いることが大切ではありますが、胸は大きければいいと言うわけではないと個人的には思います(汗)

ただ、あまり大きいと太って見えてしまったり不都合もあるのではないでしょうか?
×
menu