脂肪注入での豊胸(1週間目の経過)  

投稿日:2017/11/11 お知らせ



本日も前回と同様の治療内容になります。

脂肪を注入する際に血流分布などを考えて、もちろん、形状は大事なファクターですが、何よりも注入の「層」が重要な要素になります。つまり、しこりが出来ることなく、出来るだけ定着を高めることの出来る注入層の考えが出来上がりを左右するということになると思います。


e0222116_16531993.jpg


術前です。かなり痩せ型の方になります。従来の脂肪注入の治療では十分な出来上がり、つまり、満足な定着を見ないと思いますが、不純物を排除し、細胞成長因子を十分に添加し、適切な注入層の配分、注入方法が大切ということです。

e0222116_16533544.jpg


術後1週間です。この方の場合は乳腺の前部に量を増やして、治療しています。

e0222116_16542426.jpg


術前。

e0222116_16543690.jpg


術後1週間。内出血は黄色くなっていて、消えるまで数日といった経過になります。

e0222116_16544753.jpg


術前。

e0222116_1655429.jpg


術後1週間です。

お胸の悩みを解決する治療には、多種多様なものがあると思います。

先日、マッサージでお胸を大きくする、もしくはお胸の下垂を改善するというものをテレビで拝見しました。実に理に適ったリンパの流れを理解した方法であり、期待の出来るものではありました。

ただ、お胸の大きさ、下垂症状の悩みが高度であったり、マッサージなどで改善を十分に満足されないケースでは私どもの治療方法を検討していただけるとよろしいのではないかと感じました。

×
menu